2020年10月27日火曜日

本日のCD Kenny Burrell ♪ Soul Call

 
Prestigeの最終作で
「Midnight Blue」とほぼ同時期の1964年作

お馴染みのソウルフルな演奏から十八番のブルージー路線ですが
 このコンボではカルテットにコンガが入っているのが良い味

クールでハードボルイルドという形容がやはり似合う
「Midnight Blue」とほぼ同時期の発売で
ジャズギターのお手本とでも言うべき名作とも言われているようです

guitar : Kenny Burrell
piano : Will Davis
bass : Martin Rivera
drums : Bill English
congas : Ray Barretto

1. I'm Just A Lucky So And So
2. Mark One
3. A Sleepin' Bee
4. Soul Call
5. Kenny's Theme
6. Here's That Rainy Day

【Japanese Bonus Track】
7. Oh Henry

I'm Just A Lucky So And So

Mark One

A Sleepin' Bee
全世界の音楽を聴きつくすことはできない
muu music webzine

  





2020年10月26日月曜日

本日のCD Lettuce ♪ Rage!

 

レタスは、1992年にマサチューセッツ州ボストンで
バークリー音楽院の生徒を中心に結成されたジャズ・ファンク・バンド
野菜のレタスではなく、Let us!からのバンド名

「Soulive」のギタリスト「Eric Krasno」も加入していて
途中Souliveの結成に伴って活動休止になるが、2001年に再結成
現在までかなりのメンバーチェンジしている

これは前作より6年ぶりのセカンド・スタジオ・アルバム
管を交えた8人編成でファンク度は高くグルーブ良し
重量級に行きそうな雰囲気はあるが
少しポップな雰囲気もあり
なるほど、これも私の好物ですね

「Sam Huff's Flying Rage Machine」saxのサムキニが力入ってます
「Last Suppit」は、かなりのバカテクにニヤリ
カバーは「Move On Up」Curtis Mayfield
「Express Yourself」Charles Wright & the Watts 103rd Street Rhythm Band
「Makin' My Way Back Home」みたいなヘビー・ファンク・ロックも良い
日本版はボーナストラック2曲
海外ファンもCD派は、やっぱり日本版も購入するんでしょうか
(業界のオマケ戦略にはまる人は多い?)

vocals : Nigel Hall
keyboards : Neal Evans
guitar : Adam Smirnoff, Eric Krasno
bass : Erick Coomes
drums : Adam Deitch
sax : Ryan Zoidis, Sam Kininger
trumpet : Rashawn Ross

1. Blast Off
2. Sam Huff's Flying Raging Machine
3. Move On Up

featuring : Dwele
4. King Of The Burgs
5. Need To Understand
6. The Last Suppit
7. Dizzer
8. Makin' My Way Back Home

featuring : Nigel Hall
9. Salute
10. Speak E.Z.
11. Express Yourself
12. Relax
13. By Any Shmeeans Necessary

【Bonus Track】
14. Mr. Yancey 
15. Star Children

Sam Huff's Flying Raging Machine

Makin' My Way Back Home

Move On Up
全世界の音楽を聴きつくすことはできない
muu music webzine

  

2020年10月24日土曜日

本日のCD Ramsey Lewis ♪ Sun Goddess

 

このサウンドは昔はファンク系に分類だけど
今の時代に同じ音で新作作ったらジャズファンクで分類だろうな
なんて思いながら聴いてしまいました

Maurice Whiteがプロデュース
Phillip Bailey、Verdine White等の参加でモロにアース(A.W.F.)のサウンド
このジャケットのパターンもどこかで見たような?

1曲ごとのレコーディング・メンバーは
サウンドの厚みの割に意外と少人数ですね

Ramsey Lewisの1974年リリース作品で知名度の高いアルバム
タイトル曲の「Sun Goddess」は、極上グルーブで
ギターリフ、エレピ、ベースライン、ドラムパターンはまさにアース系
2曲目「Living For The City」はスティービー・ワンダーのカバー

アース(A.W.F.)は1971年デビューで1972年にコロンビアに移籍
1974年は「Open Our Eyes(太陽の化身)」を発表しているが
未だソウル色が強い頃ではありました

楽曲を聴いて、これほどのメンバーの個性の強さ
時代の流れとかも推測できるものも珍しい
またモロにアース(A.W.F.)サウンドではありますが
聞き続けられるアルバムです

1. Sun Goddess
synthesizer, piano, electric piano : Ramsey Lewis
vocals : Phillip Bailey, Verdine White
electric piano, synthesizer : Charles Stepney
guitar : Johnny Graham
bass : Verdine White
timbales, drums, vocals : Maurice White
congas : Phillip Bailey
tenor sax : Don Meyrick

2. Living For The City
synthesizer, piano, electric piano : Ramsey Lewis
electric upright bass : Cleveland Eaton
drums, tambura, congas, percussion : Maurice Jennings

3. Love Song
synthesizer, piano, electric piano : Ramsey Lewis
guitar : Byron Gregory
electric upright bass : Cleveland Eaton
drums, tambura, congas, percussion : Maurice Jennings

4. Jungle Strut
synthesizer, piano, electric piano : Ramsey Lewis
vocals : Derf Rehlew Raheem
congas, drums : Derf Rehlew Raheem, Maurice Jennings
guitar : Byron Gregory
electric upright bass : Cleveland Eaton
tambura, percussion : Maurice Jennings

5. Hot Dawgit
synthesizer, piano, electric piano : Ramsey Lewis
vocals : Maurice White, Phillip Bailey, Verdine White
electric piano, synthesizer : Charles Stepney
guitar : Johnny Graham
bass : Verdine White
timbales, drums : Maurice White
congas : Phillip Bailey

6. Tambura
synthesizer, piano, electric piano : Ramsey Lewis
guitar : Byron Gregory
electric upright bass : Cleveland Eaton
drums, tambura, congas, percussion : Maurice Jennings

7. Gemini Rising
synthesizer, piano, electric piano : Ramsey Lewis
electric upright bass : Cleveland Eaton
drums, tambura, congas, percussion : Maurice Jennings

Sun Goddess

 Living For The City

Tambura
全世界の音楽を聴きつくすことはできない
muu music webzine

  






2020年10月23日金曜日

本日のCD Tower Of Power ♪ Live And Living Color


1976年にリリースのライブアルバム
ドラムのデイヴィッド・ガリバルディとベースのロッコのコンビは
このバンドの象徴で、メンバーが変わりリズム隊のグルーブは変化しても
T.O.Pの基本は変わらないですよね

へービーローテーションで、今でも聴くことの多く
ホーンとリズム隊のきめ細かいリズム、キメが最高です

生で見たことがあるのは確か2015年の札幌シティ・ジャズフェス
「Down To The Nightclub」などお決まりの名曲が目白押しでしたが
全く同一アレンジで思わずニンマリ

30年間の歴史が詰まった伝統芸なので
次のキメはあれで・・ ここでこのセリフが・・
という記憶と期待は、全て忠実に再現していただいておりました
きっと、これは何回見ても飽きることはないんでしょう

vocal : Hurert  Tubbs
tSax aSax fluet : Lenny Pickett
tSax : Emilo Castillo
bSax : Steve Kupka
Trumpet Flugelhorn tromborn : Mic Gillette
Trumpet Flugelhorn : Greg Adams
organ : Chester Thompson
Guitar : Bruce Conte
bass : Francis Rocco Prestia
drums : David Garibaldi

1. Down to the Nightclub
2. You're Still a Young Man
3. What Is Hip?
4. Sparkling in the Sand
5. Knock Yourself Out

What Is Hip?

Down to the Nightclub

You're Still a Young Man
全世界の音楽を聴きつくすことはできない
muu music webzine

  

2020年10月22日木曜日

本日のCD Ronny Jordan ♪ The Quiet Revolution


1992年のデビューアルバムに引き続き
翌年1993年の2枚目のアルバム

アシッドジャズ、クラブミュージック、ヒップ・ホップの融合系で
ヒップなリズム隊にジャズギターがなんとも心地よい丁寧なお仕事

系統は違いますが1992年にBNHが
「Heavy Rhyme Experience」を発売するなど
(BNHはそのまんまでしたけど)
ヒップ・ホップを楽曲に取り入れるのは
この時期の革新的な取り組みとして流行っていたようですね

ロニー・ジョーダン2014年に50歳でお亡くなりになったのが非常に残念

guitar, keyboards, synthsizer, percussion, drum programming : Ronny Jordan
drums, percussion : Tony Mason
keyboards, synthesizer : Joel Campbell
percussion : Sola Akingbola
rap : Guru (1), Truth Anthony (8)
rhythm guitar : Ross Anderson (3)
sax, flute : Gary Belfield
vocals : Dana Bryant (5), Fay Simpson

1. Season For Change
2. In Full Swing
3. Slam In A Jam
4. Mr Walker
5. Jackal
6. Come With Me
7. Morning After
8. Under Your Spell
9. Tinseltown
10. Vanston Place (00 Am)
11. Bad Brother

Tinseltown

Season For Change

Morning After
全世界の音楽を聴きつくすことはできない
muu music webzine

  



2020年10月21日水曜日

本日のCD Joe Pass ♪ Virtuoso


ジョー・パスによる1973年発表のソロギターアルバムの名作
スタンダードのギター1本の無伴奏での演奏

一人で伴奏部分メロディを弾いてアドリブまで
気負いを感じさせずさらっとこなしているのはまさに巨匠ならでは
「Virtuoso」とは名人、巨匠の意

ソロギターだからこその
「Cherokee」のスリリングさ
「Round Midnight」の美しい響き

ここまでギターが弾ければ人生が楽しくなるなあ
でもコピーでさえ、きっと一生できないんでしょう
最初からあきらめます

1. Night and Day
2. Stella by Starlight
3. Here's That Rainy Day
4. My Old Flame
5. How High the Moon
6. Cherokee
7. Sweet Lorraine
8. Have You Met Miss Jones?
9. 'Round Midnight
10. All the Things You Are
11. Blues for Alican
11. The Song Is You

Cherokee

Round Midnight

Stella By Starlight
全世界の音楽を聴きつくすことはできない
muu music webzine

  



2020年10月20日火曜日

本日のCD The Brand New Heavies ♪ Heavy Rhythme Experience vol 1


DJ・ラッパーがどうも苦手で、正直、最初は苦手なアルバムでした
いつもオシャレなジャズファンクなのに
JAZZ FUNKとHIP HOPのフュージョン

「Experience」というタイトルは当時HIP HOP と言えば
サンプリング+リズム・ボックス+ラップが主流
生演奏ということで「実験」なのでしょうか
vol 1のアルバム名ですが続きは出ていないようです

しかしながらアシッド・ジャズやファンクとの相性は
HIP HOPが良いのは確かで
タイトなドラムとベースラインのノリがとても良い
ラップに興味は無いが耳にのこるフレーズで
そこがBNHの素晴らしいところ

bass : Andrew Levy
drums : Jan Kincaid
guitar : Simon Bartholomew
percussion : Paul Daley
sax : Mike Smith
trumpet : Martin Shaw

1. Bonafied Funk
featuring : Main Source

2. It's Gettin Hectic
featuring : Gang Starr

3. Who Makes The Loot?
featuring : Grand Puba

4. Wake Me When I'm Dead
featuring : Masta Ace

5. Jump N' Move
featuring : Jamalski

6. Death Threat
featuring : Kool G Rap

7. State Of Yo
featuring : Black Sheep

8. Do Whatta Gotta Do
featuring : Ed O.G

9. Whatgabouthat
featuring : Tiger

10. Soul Flower
featuring : The Pharcyde

Bonafied Funk


Jump N' Move 

Death Threat
全世界の音楽を聴きつくすことはできない
muu music webzine

  




2020年10月19日月曜日

本日のCD Esperanza Spalding ♪ Radio Music Society


私のエスペランザ入門は、このアルバムから始まりました
他のアルバムを買い進めると
中々独特の世界観が強調されたものが多く
このアルバムのジャズ・POP・R&Bのミックス加減は
非常に聞きやすく理解しやすい

その音楽性が現れるベース、キュートな声、独特の音程感のボーカル
音を大切に大切に作っているのが伝わってきます


1. Radio Song
vocals, electric bass – Esperanza Spalding
alto sax : Kyle Zimmerman, Renato Caranto
backing vocals : Alan Hampton, Becca Stevens, Chris Turner, Gretchen Parlato, Justin Brown
baritone sax : Jeff Rathbone
bass trombone : Jerry Stalnaker
drums : Terri Lyne Carrington
percussion : Jamey Haddad
piano, electric piano : Leo Genovese
sax [Soloist] : Daniel Blake
tenor sax : Nicole Glover
tenor sax, alto sax : Stanley Mathabane
trombone : Dan Brewster, Jeff Galindo
trumpet : Benjamin G. McDonald, Darren Barrett, Kiran Bosley, Stan Bock

   2. Cinnamon Tree
vocals, electric bass : Esperanza Spalding
cello : Jody Redhage
drums : Terri Lyne Carrington
guitar : Jef Lee Johnson
piano, keyboards : Leo Genovese
tenor sax : Daniel Blake
trumpet : Darren Barrett
violin : Olivia DePrato

   3. Crowned & Kissed
   vocals, electric bass : Esperanza Spalding
drums : Terri Lyne Carrington
piano, keyboards : Leo Genovese
tenor sax : Daniel Blake
trombone  Jeff Galindo
trumpet : Darren Barrett

4. Land Of The Free
organ : James Weidman
vocals : Esperanza Spalding

5. Black Gold
featuring : Algebra Blessett, Lionel Loueke
vocals, electric bass : Esperanza Spalding
chorus : Savannah Children's Choir
Drums : Terri Lyne Carrington
guitar, voice : Lionel Loueke
organ : Raymond Angry
tenor sax : Tivon Pennicott
trombone : Corey King
trumpet : Ingmar Thomas
vocals : Algebra Blessett

  6. I Can't Help It
featuring : Joe Lovano
vocals, electric bass : Esperanza Spalding
backing vocals : Becca Stevens, Gretchen Parlato, Justin Brown
drums : Lyndon Rochelle
electric piano : Leo Genovese
guitar : Ricardo Vogt
tenor sax : Joe Lovano


7. Hold On Me
vocals, acoustic bass : Esperanza Spalding
alto sax : Andrew Olson, John Carey
baritone sax : Jeff Rathbone
clarinet : Kama Bell
drums : Billy Hart
piano : Janice Scroggins
tenor sax : Nicole Glover
trombone : Ian Garner, Javier Nero, Matt Warming
Trumpet – Noah Conrad, Noah Hocker, Tree Palmedo

   8. Vague Suspicions
vocals, acoustic bass : Esperanza Spalding
drums : Jack DeJohnette
electric piano, guimbri : Leo Genovese
guitar : Ricardo Vogt
soprano sax, flute : Daniel Blake
trombone : Jeff Galindo

   9. Endangered Species
featuring : Lalah Hathaway
vocals, electric bass : Esperanza Spalding
alto sax, soprano sax, baritone sax : Daniel Blake
drums : Terri Lyne Carrington
guitar : Jef Lee Johnson
piano, guimbri  : Leo Genovese
trumpet : Darren Barrett
vocals : Lalah Hathaway

10. Let Her
vocals, electric bass : Esperanza Spalding
voice : Gretchen Parlato
voice, sounds : Raydar Ellis
backing vocals : Leni Stern
drums : Jack DeJohnette
electric piano : Leo Genovese
guitar : Ricardo Vogt
sax : Daniel Blake
trombone : Jeff Galindo
trumpet : Darren Barrett

   11. City Of Roses
vocals, acoustic bass : Esperanza Spalding
vocals, glockenspiel : Q-Tip
alto sax : John Carey, Sam Seachrist
alto sax, clarinet : Kama Bell
baritone sax : Jeff Rathbone
drums : Terri Lyne Carrington
electric piano : Leo Genovese
sax [Soloist] : Anthony Diamond
tenor sax : Aaron Reihs, Hayden Conrad, Stanley Mathabane
trombone : Ashton Summers, Ian Garner, Javier Nero
trumpet : Benjamin Seachrist, Noah Conrad, Noah Hocker

   12. Smile Like That
vocals, acoustic bass, electric bass : Esperanza Spalding
drums : Jack DeJohnette
electric piano : Leo Genovese
Guitar : Gilad Hekelsman
trombone : Jeff Galindo
trumpet : Darren Barrett

Radio Song

Black Gold

Endangered Species
全世界の音楽を聴きつくすことはできない
muu music webzine

  

フィッシュストーリー 伊坂幸太郎


4個の伊坂ワールドで構成されていて
少しだけインクしているのが絶妙な作品集

動物園のエンジン
サクリファイス
フィッシュストーリー
ポテチ

表題作「フィッシュストーリー」は2009年に
映画化されていますが見ていません
 テンポ良い読み口と「最後のレコーディングに臨んだ売れないロックバンド」
という音楽系の話でもあり引き込まれました
いい曲なんだけど売れていない曲は世の中にたくさんあります
職業とするなら売れないとしょうがないんですよね
「僕の孤独が魚だとしたら、そのあまりの巨大さと獰猛さに、
鯨でさえ逃げ出すに違いない」
ありそうで、なさそうな歌詞ですね

ポテチでの最後の救いは好きだし
「動物園のエンジン」だという永沢さんの設定は
この作品以外でも読んだ気がします(伊坂幸太郎か?な?)
笑いもありながらこみあげる熱いものもあり
絶妙の読み心地でした

2020年10月18日日曜日

本日のCD Bill Evans ♪ Waltz For Debby_ The Ivory Hunters


2012年発売の2枚組です
1枚目は、名盤と言われる「Waitz For Debby」オリジナルは1961年
ライブアルバムで、演奏の合間に、人の声、グラスの音が聞こえるのも臨場感あります
2枚目「The Ivory Hunters」のオリジナルは1959年
でEVANSとBOB BROOKMEYERとの共演
BROOKMEYERは、トロンボーンの名手だそうですが
このアルバムではピアノを全曲弾いています
曲はスタンダード曲が中心です
あまり有名なアルバムではないですがいい感じです

ダブっても良いんですが、なるべくダブらないようにしたいパターン

【Disc1 / Waitz For Debby】
piano : Bill Evans
bass : Scott La Faro
drum : Paul Motian

1. My Foolish Heart
2. Waltz For Debby
3. Detour Ahead
4. My Romance
5. Some Other Time
6. Milestones

【Disc2 / The Ivory Hunters】
piano : Bill Evans
piano : Bob Brookmeyer
bass : Pacy Heath
drum : Connie Kay

1. Honeysuckle Rose
2. As Time Goes By
3. The Way You Look Tonight
4. It Could Happen To You
5. The Man I Love
6. I Got Rhythm

Waltz For Debby

My Romance

As Time Goes By
全世界の音楽を聴きつくすことはできない
muu music webzine